隣にハ虫類が居る生活
レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)・亀と生活していく行き当たりばったりな日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家族計画について(その5)
2006年12月28日 (木) 23:00 | 編集
ようやく本題に入り始めたところです。
メンデルの法則の独立の法則について~

今まで振り返りましたレオパの品種はいろいろありました。
優性の法則、分離の法則を聞きかじると
それぞれ優性劣性いってましたので、
マックスノーとアルビノ、ブリザードとアルビノが同時に発現することに疑問を感じるのではないでしょうか?
実はこの二つの表現型はそれぞれまったく相互関係なく優性の法則や分離の法則にのっとって表現されています。
これを独立の法則といいます。

というわけで、「マックスノーとアルビノを掛け合わせてマックスノーアルビノを作ろう!」ということが可能になります。

つまり、優性遺伝であるマックスノーに劣性遺伝であるトレンパーアルビノを掛け合わせると
子供F1にマックスノーなのにアルビノのヘテロを有した物がでてきます。(ダブルヘテロといいます)
※マックスノーはスーパーマックスノーのへテロです

そしてそのF1子供同士をかけることにより
スーパーマックスノーアルビノ
マックスノーアルビノ
スーパーマックスノー
マックスノー
アルビノ
ノーマル
にいたるものが出る可能性があるわけですね。

そして、今回はただのトレンパーアルビノではなくブリザードトレンパーアルビノ(ブレイジングブリザード)を使いましたので
子供はトリプルヘテロ。
よってスーパーマックスノーアルビノブリザードなんというものができる…かも知れません。
ブリザードとマックスノーは遺伝上独立してればの話ですけが^^;

今日の食餌報告
モンク(ベビー1-1):デュビアL1匹
ピッグ(ベビー1-2):デュビアL1匹
カッパー(ベビー2-1):ヨーグルト
カトちゃん(ベビー3-1):デュビアM1匹
サンゾー(ベビー4-2):デュビアM1匹
ベビー5-1:デュビアM1匹
スポンサーサイト
家族計画について(その4)
2006年12月27日 (水) 22:01 | 編集
レオパでせっかく繁殖するからには
いろいろ小難しいこと考えてやってみようという非常に趣味的見地からお送りするこの駄文、本日で第4回目~

今日は遺伝のお話。

前回までレオパの系統を振り返りましたが、当然のことながらこれらの表現型は親から子へ遺伝します。
でもよく考えてやらないと遺伝しない場合もあります。

遺伝言うからには、当然遺伝子で親の情報を子が受け取るわけです。
たいていの生物は二つの遺伝子をもってまして、子供は両親からそれぞれ一つずつ受け継ぎます。
もし父親の遺伝子に書いてある表現型と母親の遺伝子に書いてある表現型が異なる場合、
どちらかを差し置いて出てくる表現型を優性遺伝。出てこない表現型を劣性遺伝といいます。(→メンデルの法則の優性の法則)

この生まれた子供は、一見優性遺伝の表現です。
しかし一応遺伝子上ではそれぞれの親から遺伝子をもらっているため、
実は劣性遺伝の遺伝子もきちんと持っています。
この状態をヘテロといいます。
(両親とも同じ遺伝子ならホモといいます)

ヘテロな遺伝子を持った子供がさらに子供を生む場合、
次の子供に与える遺伝子は優性遺伝か劣性遺伝かどちらかの遺伝子ということになります。
もしこのとき、相手側が劣性遺伝の遺伝子を持っており、与える遺伝子が劣性遺伝の場合、
子供には劣性遺伝の表現型が現れる可能性があるわけです。(→メンデルの法則の分離の法則)


優性劣性というのは遺伝上の問題でその表現が必ずしも優秀であるとは限りません。
もし劣性遺伝が貴重な表現型だった場合、
まさにトンビが鷹を産むこともありえるわけですね。

図であらわすと…  
(ホモAA aa ヘテロAa 表現型Aは表現型aに対し優性)

 ♂AA × ♀aa
    ↓
子供F1 Aa   …→  ♂Aa × ♀Aa
               ↓
子供F2            ♀a  ♀A 
            ♂A  Aa  AA 
            ♂a   aa   Aa 
               …→ AA 2Aa aa

子供F1はヘテロなので見た目お父さんのAAと同じですが
子供F2はお婆ちゃんのホモaaが生まれる可能性があるわけです。

ちなみに子供F2にはホモAAとヘテロが生まれてますが
どちらも見た目優性遺伝表現なので区別がつきません。
こいつらをポッシブルへテロといいますが、
ぶっちゃけ、わからないから当てになりません。
(でも見る人が見ればホモとヘテロは微妙に違うこともあるそうです)

では次はメンデルの法則の独立の法則で~

今日の食餌報告
マック君:ヨーグルト
ミンク:なし
ピンキー:ヨーグルト
カトちゃん(ベビー3-1):デュビアM1匹
サンゾー(ベビー4-2):デュビアM1匹
ベビー5-1:デュビアM1匹
家族計画について(その3)
2006年12月25日 (月) 23:54 | 編集
レオパの品種おさらいです。

前回オスのマック君の品種であるマックスノーについて書きましたが
今回は奥さんであるミンク、ピンキーの品種ブレイジングブリザードについて~

ブレイジングブリザードはブリザードと呼ばれる品種のアルビノの事を指します。
説明中にさらに品種が二つ出てきてしまいましたので
まずブリザードから。

ブリザードとはリューシスティックの上を行く…ってまた新しい品種の名前が出てきてしまいましたねw
リューシスティックというのは、簡単に言えば白変したものです。
通常のレオパは、ヒョウモントカゲモドキの名前のとおり黄色い体色に黒い斑点を持ちますが
この品種は斑点が無く体全体が白くなっています。
まぁ実際のところ完全な白というわけではなく、少し黄色がかっていたり、薄黒くなっていたりしますが。
そして、このリューシスティックの上を行くハイグレードな白さを持った品種がブリザードと呼ばれる品種です。
この品種は劣性遺伝ですので、ブリザード同士のカップルからでしかブリザードは生まれません。

そしてアルビノ。
アルビノの本来の意味は何らかの色素欠損したことをさしますが、一般には黒色欠損した品種を指します。
トレンパーアルビノ、レインウォーターアルビノなどいくつか系統があり、
一概に黒色欠損でも模様など見た目がかなり違います。
もちろん系統が違うためトレンパーアルビノはトレンパーアルビノ同士からではないと生まれません。
普通レオパのアルビノといったら、トレンパーアルビノがほとんどではないかと。
アルビノもブリザードと同じく劣性遺伝です。

白変品種であるブリザードをさらに白くしようと黒色欠損品種であるトレンパーアルビノと掛け合わせた究極の白変品種が、
ブレイジングブリザードと呼ばれるブリザードアルビノというわけです。

でも究極の白といっても、温度が低いとあっさり黒くなりますw
うちのミンクは黄色が強いし…個体差激しいですねw

次は、遺伝のお話~

今日の食餌報告
マック君:ヨーグルト
ミンク:ピンクマウス1匹
ピンキー:ヨーグルト
カトちゃん(ベビー3-1):なし
サンゾー(ベビー4-2):デュビアM1匹
ベビー5-1:デュビアM1匹
家族計画について(その2)
2006年12月24日 (日) 23:17 | 編集
これからの計画を書いてますので、
レオパの系統についておさらいおば。

うちの大黒柱であるマック君。
彼はマックスノーと呼ばれる品種です。

スノーとはヘビにおいては「アメラニスティック」と「アザンティック」発現個体のことで、黒と黄の色欠損種をさしますが
レオパではただ色の白い個体を指すようです。
それで、マックさんで作ったスノーだからマックスノー。
わかりやすいですね。
ほかにもアーバンスノーといった品種もあります。

海外サイトでは、ここでいろいろなマックスノーがみられます。

マックスノーの特徴はなんといってもその白さ。そして共優性遺伝。
マックスノーの両親から生まれてくる子供は
メンデルの法則にのっとり25%の確率でさらに特徴が強く出たスーパーマックスノーとなるのです。
つまりマックスノーは、スーパーマックスノーへテロということですね。

マックスノーのホモであるスーパーマックスノーの美しさは目を見張るものです。
純白の体色にきれいにならんだストライプなヒョウモン。
真っ黒でつぶらな黒目と見ていて飽きません。(上の海外サイトで見れます)

ただでさえ美しいスーパーマックスノーがさらにアルビノ(黒欠損)になったら…
どこまで白く美しくなるでしょうか?
自分で創れたらどんなにうれしいでしょうか?
そういうわけで目下のところマック君に頑張ってもらっている訳なのです。
(実はもう創られていて上のサイトで見れますけどねw
レオパは増やしやすい上、優性なのであっという間に出来てしまいます)

では次回は、ミンクとピンキーのブレイジングブリザードを。

今日の食餌報告
モンク(ベビー1-1):デュビアL2匹
ピッグ(ベビー1-2):デュビアL1匹
カッパー(ベビー2-1):なし
カトちゃん(ベビー3-1):デュビアM1匹
ベビー4-2:デュビアM1匹
ベビー5-1:なし
家族計画について
2006年12月23日 (土) 23:37 | 編集
うちのレオパのベビーたちが全員オスであることがはっきりしまして
どうにもこうにもがっかりな状態ですTT
温度に左右されるのは理解していましたが、
こうも100%オスになるとは油断しておりました。
一匹くらいメスがいても良いんじゃないのかなと、神様とたかをくくっていた自分を呪っております。

もともとマックスノーとブレイジングブリザードをかけたF1世代同士をさらに掛け合わせ
スーパーマックスノーやマックスノーアルビノ、さらにはスーパーマックスノーアルビノを取り出す計画でした。
偶然にもマック君がアルビノへテロだったことから
予定を大幅に短縮できるかと内心ホクホクだったのですが
いい事は続きませんもので、これでは計画自体次につながりません。

う~ん。さすが共優性遺伝。
マックスノーアルビノへテロブリザードでも、オス6匹はちと厳しいですね。
アメリカのブリーダーさんがオリ2さんに卸す気持ちが理解できます。

今日の食餌報告
マック君:ヨーグルト
ミンク:ピンクマウス1匹
ピンキー:なし
カトちゃん(ベビー3-1):なし
サンゾー(ベビー4-2):デュビアM1匹
ベビー5-1:なし
HDから異音が…
2006年12月20日 (水) 23:55 | 編集
もうすぐVISTAが発売されるというのにうちのパソコンが調子が悪くなりました。
CDも読み取り不可、モニタも色調がおかしいので買い替え時といえばそうなのですが。
デジカメ画像でだいぶ空き容量も余裕なかったのもあるのでしょう。
とりあえずいらないファイルは消去し、なるたけスリム化しましたが、
なんともしまりのない話ですね…

昨日の食餌報告
モンク(ベビー1-1):デュビアL1匹
ピッグ(ベビー1-2):デュビアL1匹
カッパー(ベビー2-1):デュビアL1匹
カトちゃん(ベビー3-1):デュビア成虫1匹
ベビー4-2:デュビアM2匹
ベビー5-1:デュビアM1匹
キャットフード切れた
2006年12月18日 (月) 23:25 | 編集
いつもマック君にはヨーグルトをあたえていますが、
そのヨーグルトにはキャットフードを混合してます。
いい加減に選んでいたわけなのになんのかんのでけっこう好評でした。
が、そのキャットフードがあいにくと切らしてしまいまして、
さらに購入した量販店でも売っていない…
そんなわけで今度から子犬用ドッグフードを与えることにしました。
20061219002830.jpg実験かよ

で、使ってみた感想。
半生タイプは弾力がありすぎて混ぜにくい。
混ぜてもペースト状になるため食べづらい様子。
う~ん、失敗か。

今日の食餌報告
マック君:ヨーグルト
ミンク:ピンクマウス1匹
ピンキー:なし
カトちゃん(ベビー3-1):なし
サンゾー(ベビー4-2):デュビアM1匹
ベビー5-1:なし
食事報告だけ
2006年12月14日 (木) 23:23 | 編集
昨日の食餌報告
モンク(ベビー1-1):デュビアL1匹
ピッグ(ベビー1-2):デュビアL1匹
カッパー(ベビー2-1):デュビアL1匹
カトちゃん(ベビー3-1):デュビアM1匹
ベビー4-2:デュビアM2匹
ベビー5-1:デュビアM2匹
今日の食餌報告
マック君:ヨーグルト
ミンク:ピンクマウス1匹
ピンキー:なし
カトちゃん(ベビー3-1):デュビアM1匹
サンゾー(ベビー4-2):デュビアM1匹
ベビー5-1:デュビアM1匹

なんだかんだで食欲出てます。
デュビアの補充をしたいところですが、良い値段でどこかてにはいらないかな?
ベビー4-2命名
2006年12月12日 (火) 23:04 | 編集
以前の体重測定のとき予告しましたベビー4-2の名前を決めたいと思います。
あまり食いのよくないベビー後半組も、ようやく20g越えてきました。
千里の道も一歩から、あぁ長かったなぁ。
そういえばこいつはベビーの中でただ一匹アルビノではない個体です。
では、サンゾーと名づけましょう。

20061213000936.jpgケージも手狭になりました
20061213000959.jpgじゃま
20061213001140.jpgたかい♪

ではよろしく~^^

今日の食餌報告
マック君:ヨーグルト
ミンク:なし
ピンキー:なし
カトちゃん(ベビー3-1):デュビアM1匹
サンゾー(ベビー4-2):デュビアM1匹
ベビー5-1:デュビアM1匹
今日はいつも大飯ぐらいなミンクが食べようとしません。
天災でもなければ良いんですが。
ベビーからアダルト扱いへ
2006年12月11日 (月) 23:24 | 編集
今日の食餌報告
モンク(ベビー1-1):なし
ピッグ(ベビー1-2):デュビアL1匹
カッパー(ベビー2-1):デュビアL1匹
カトちゃん(ベビー3-1):デュビアM1匹
ベビー4-2:デュビアM1匹
ベビー5-1:デュビアM1匹

今日から上三匹も二日おきに給仕することに決定。
まー自主的に食べていないですけど、今までは食べなくてもカルシウムまみれのデュビアを用意していたので。
これでかなり楽になります^^
忘年会って
2006年12月10日 (日) 23:59 | 編集
つらいよね…
次の日なんかもう最悪です。

結局世話できずに一日位レオパたちをほうって置いていたら
乾燥してしんどかったようで、隅っこのほうで丸くなって耐えていました。
元は乾燥したアフガンに生息しているというのに温室育ちの都会っ子には少々きついようです。

日の食餌報告
マック君:なし
ミンク:ピンクマウス1体
ピンキー:なし
モンク(ベビー1-1):デュビアM1匹
ピッグ(ベビー1-2):なし
カッパー(ベビー2-1):デュビアM1匹
カトちゃん(ベビー3-1):デュビアM1匹
ベビー4-2:デュビアM1匹
ベビー5-1:なし
マック君がヨーグルトを吐いていた跡がありました。
やはり少しばかり与えすぎたようですね。
あんまりおいしそうに飲むものでつい…
タルタル体重測定(12/7)
2006年12月07日 (木) 23:38 | 編集
定例の体重測定です。(→前回
体重:138.8g
20061207235503.jpg
2g減少。
やはりこの時期は餌食いも落ちてますししょうがないのかな。

今日の食餌報告
モンク(ベビー1-1):デュビアL1匹
ピッグ(ベビー1-2):なし
カッパー(ベビー2-1):デュビアL2匹
カトちゃん(ベビー3-1):なし
ベビー4-2:なし
ベビー5-1:なし
今日は夜に餌をやってみましたが
あまり食べませんね。
イチゴのごちそう
2006年12月05日 (火) 23:21 | 編集
いつもリクガメフード三昧なタルタル君に今日は別物を与えてみました。
20061205234009.jpgいつも同じ構図ですね^^;
リクガメフードはイチゴの香がするため、実際のイチゴも大好きです。
イチゴをあらかた食べ終わると満足してしまいました。
まだフードも残っていたのになぁ

今日の食餌報告
モンク(ベビー1-1):デュビアL1匹
ピッグ(ベビー1-2):デュビアL1匹
カッパー(ベビー2-1):なし
カトちゃん(ベビー3-1):なし
ベビー4-2:なし
ベビー5-1:なし
モンクとピッグが手ごたえありあり。
他のみんなは今日は食休み。
体重測定12/3(ベビー編)
2006年12月04日 (月) 23:22 | 編集
今日はベビーたちの体重測定の結果です。
一ヶ月前の結果は⇒こちらへ

モンク(ベビー1-1)
体重:42.3g
20061203231214.jpg

前回より2g増。
やはり食欲不振なので、しょうがない結果です。
減っていないだけ良しとしましょう。

ピッグ(ベビー1-2)
体重:35.8g
20061203231253.jpg
前回より4g増加。
モンクよりは増えているのは初めてなのではw
この調子で40gまでいって欲しいですね。

カッパー(ベビー2-1)
体重:44.8g
20061203231336.jpg
先月と同じ10g増加。
とうとうモンクまでも追い抜いてしまいました。
食べられるだけ食べてるので当たり前ですね。

カトちゃん(ベビー3-1)
体重:27.0g
20061203233555.jpg
前回より7g増。
順調ですが、欲を言えばもう少し大きくなっても…

ベビー4-2
体重:23.3g
20061203233715.jpg
なんと8g増加です。
とうとう20g越えです。
名前を考えてやらねばなりませんね^^

ベビー5-1
体重:15.4g
20061203233753.jpg
5g増加しました。
小さくても順調な滑り出し。
この調子で大きくなって欲しいですね。

今日の食餌報告
マック君:ヨーグルト
ミンク:ピンクマウス1体
ピンキー:デュビアL1匹
モンク(ベビー1-1):なし
ピッグ(ベビー1-2):なし
カッパー(ベビー2-1):なし
カトちゃん(ベビー3-1):デュビアM1匹
ベビー4-2:デュビアM1匹
ベビー5-1:デュビアM1匹

ベビーらにピンクマウスを与えてみましたが、なめるばかりで口に入れようとしません。
やはりデュビア汁をつけてやらないとだめかな。
体重測定12/3(アダルト編)
2006年12月03日 (日) 22:54 | 編集
もう年の瀬迫る季節です。
寒さも厳しくなってきました。
恒例の体重測定とまいりましょう!⇒前回

マック君
体重:54.9g
20061203233837.jpg
拒食にてヨーグルト食のため約3g減少。
ここは我慢です。

ミンク
体重:63.2g
20061203233915.jpg

前回とほぼかわりなし。
普通に食べていますし、特に問題なし、と。

ピンキー
体重:63.4g
20061203234006.jpg
以前より3g増加。
とうとうモンクと並びました。
一時期落ちていた餌食いもここのところ復活しましたので当然の結果でしょう。

明日はベビー編で。

今日の食餌報告
モンク(ベビー1-1):なし
ピッグ(ベビー1-2):デュビアL1匹
カッパー(ベビー2-1):デュビアL2匹
カトちゃん(ベビー3-1):デュビアM3匹
ベビー4-2:デュビアM1匹
ベビー5-1:デュビアM1匹
ベビーたちの餌食いが戻ってきてしまったので
デュビアをそろそろ買い足さないといけませんねぇ
カッパーのこのごろ
2006年12月01日 (金) 23:48 | 編集
ほぼアダルトなベビーたちのこのごろ第三弾のカッパーです。
20061202002359.jpg
20061202002420.jpg
20061202002458.jpg
うちのレオパたちの食欲が見る見る落ちてきているのに
ただ一匹だけ食欲抜群なあり様を見せ付けてくれてるヤツです。
彼は先のニ匹とは異なり、
黄色の発色が特に素晴らしく、また眼の血走り具合も有無を言わせない具合に育ってくれました。
このまま茶色くならずいて欲しいものです。

今日の食餌報告
モンク(ベビー1-1):なし
ピッグ(ベビー1-2):デュビアL1匹
カッパー(ベビー2-1):なし
カトちゃん(ベビー3-1):デュビアM2匹
ベビー4-2:デュビアM1匹
ベビー5-1:なし
ピッグが珍しくデュビアに手を出しました。
ヨーグルトが活性化させているのかはたまた飽きてきたのか、どっちだw
Powered by . / Template by sukechan.
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。