隣にハ虫類が居る生活
レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)・亀と生活していく行き当たりばったりな日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家族計画について(その5)
2006年12月28日 (木) 23:00 | 編集
ようやく本題に入り始めたところです。
メンデルの法則の独立の法則について~

今まで振り返りましたレオパの品種はいろいろありました。
優性の法則、分離の法則を聞きかじると
それぞれ優性劣性いってましたので、
マックスノーとアルビノ、ブリザードとアルビノが同時に発現することに疑問を感じるのではないでしょうか?
実はこの二つの表現型はそれぞれまったく相互関係なく優性の法則や分離の法則にのっとって表現されています。
これを独立の法則といいます。

というわけで、「マックスノーとアルビノを掛け合わせてマックスノーアルビノを作ろう!」ということが可能になります。

つまり、優性遺伝であるマックスノーに劣性遺伝であるトレンパーアルビノを掛け合わせると
子供F1にマックスノーなのにアルビノのヘテロを有した物がでてきます。(ダブルヘテロといいます)
※マックスノーはスーパーマックスノーのへテロです

そしてそのF1子供同士をかけることにより
スーパーマックスノーアルビノ
マックスノーアルビノ
スーパーマックスノー
マックスノー
アルビノ
ノーマル
にいたるものが出る可能性があるわけですね。

そして、今回はただのトレンパーアルビノではなくブリザードトレンパーアルビノ(ブレイジングブリザード)を使いましたので
子供はトリプルヘテロ。
よってスーパーマックスノーアルビノブリザードなんというものができる…かも知れません。
ブリザードとマックスノーは遺伝上独立してればの話ですけが^^;

今日の食餌報告
モンク(ベビー1-1):デュビアL1匹
ピッグ(ベビー1-2):デュビアL1匹
カッパー(ベビー2-1):ヨーグルト
カトちゃん(ベビー3-1):デュビアM1匹
サンゾー(ベビー4-2):デュビアM1匹
ベビー5-1:デュビアM1匹
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
wa~あとでしっかり読むぞ~思ってて忘れていました~(すいません)
また読みますので~
どらくまさん今年は有難うございました~また来年もどうぞよろしくお願いします~
来年もカメ、、ハチュで始まってハチュで終わりましょうね~(笑)
それでは良いお年を~
2006/12/31(日) 19:02 | URL | kajikaji #-[編集]
遅くなりまして…(汗)
こちらこそありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。
カメたち、ハチュたちの成長と繁殖で頑張りましょう~♪
2007/01/04(木) 00:15 | URL | どらくま #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。