隣にハ虫類が居る生活
レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)・亀と生活していく行き当たりばったりな日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エサ用昆虫について~デュビア①~
2006年06月22日 (木) 23:52 | 編集
今回はエサシリーズ第二回、デュビアを取り上げたいと思います。

レオパ達はコオロギだけでも十分育てることは可能ですが
たいてい何かのきっかけでエサに見向きもしなくなり拒食に陥ります。
そんな時は、いつもと違うエサを与えてみましょう。
あっさり拒食が改善する場合がありますので、いろいろエサストックがあると非常に便利です。
多頭飼いされてる方はご存知でしょうが、レオパによって好みもそれぞれ違いますのでいろいろあげてみましょう。
今のところ私がストックしているエサ用昆虫は、コオロギとデュビアです。

デュビアの正式名称はアルゼンチンフォレストローチと言います。
名前でピンと来た方もいるかもしれませんね。そうです。デュビアは森に住むゴキブリの仲間です。
ここで精神的に受け付けない方は、これ以上読むのをお勧めしませんのでご注意ください。

デュビアは卵胎生の昆虫で幼虫として生まれ、大体5回ほど脱皮を繰り返し成虫となります。
寿命はオスが1年、メスが2年くらいです。
総じてレオパたちの嗜好性は極めて高く、デュビアがカサカサ音を立てるとコオロギに見向きもしなかった個体が見る目を変えて飛びつきます。
栄養価は高いと言われてますがお値段もそれなりです。
コオロギほど増えないので、割り切りましょう。

細かいことは次回に回して、こいつらの※ちゃあみんぐ※な姿をご覧ください。
苦手な方はくれぐれもクリックしないでください!

苦手な方は見ないでください多分1齢か2齢位の幼虫
ダンゴ虫みたいですね
苦手な方は見ないでください多分2齢から3齢位の幼虫
大きくなってます
苦手な方は見ないでくださいもうすぐ成虫になる終齢幼虫
姿はダンゴ虫ですが大きさが…
苦手な方は見ないでください成虫メスです
この黒光りがいかにも…です。姿はあまり幼虫時代と変わりませんね。
苦手な方は見ないでください成虫オスです
…何も説明要りませんねwまんまアイツです。

苦手な方は見ないでください☆番外☆脱皮したばかりの幼虫
脱皮したばかりのデュビアは本当にきれいです。
写真はありませんですが成虫のオスはまるで白い妖精のようですよ(言い過ぎ)

と、グロイ映像を見てきましたが意外に慣れてみればかわいい奴らです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。